少年野球の練習|「打つ」ということ

小学校のときに覚えてほしいバッティングは、「小学生のバッティング」。


「バッティング」の練習は、いろんな方法があります。でも、最初は、子供はどうやってバットを振っていいかもわかりません。

少年野球のコーチをやっていて思うのは、今の時代、野球をみていない子供が、ちょっと見ただけで好き勝手に振っている子供は、あとから教えてあげれば、いいフォームになっていきます。子供は素直だからです。

その一方で、お父さんから教えてもらった「プロ野球の指導方法」だったり、有名コーチの打撃理論だったりを、習得してしまった子供は、一番教えにくいです。お父さんも、子供のためにきちんとしたバッティング理論を勉強していて、その指導方法も全てが間違っているとは思いません。「本を読んだだけだから間違っている」のではなく、小学生には小学生のバッティングの教え方が必要です。

子供も「お父さんに教えてもらったから」と言って、少年野球チームの監督やコーチがいくら教えても、その時は聞いていても、1週間たつと元に戻っています。

子供は「お父さんが教えてくれたこと」が一番信用できる情報だからです。これも、子供は素直だからです。

子供は素直だから、お父さんが教えてくれることは絶対です。だから、お父さんもきちんと「少年野球」としてのバッティングの基本を知ってほしいと思います。


小学生にバッティングを教えるには、上図にあるような順番で子供に教えてほしいと考えています。

1)スタンス

どうやって構えるか

2)テークバック

きちんと重心移動ができているか

3)ステップ

足の使い方

4)スイング

力の入れ方とタイミング

5)インパクト

どこでボールをとらえるか

6)フォロースルー

しっかり振り切ること

この6つを基本に打撃練習をしてほしいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事