B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

子供たちの成長を阻害しない!少年野球で失敗しない親の行動とは?

少年野球は子供たちが成長し、チームワークやリーダーシップを発揮する場であり、親のサポートが欠かせません。しかし、親が適切でない行動をとることで、子供たちやチームに悪影響を与えることがあります。本記事では、少年野球で絶対にやってはいけない親の行動について具体的に解説し、子供たちの成長とチームの発展に役立つサポート方法をアドバイスします。

1. 学童・少年野球における親の常駐と信念

baseball

 学童・少年野球を続ける子供たちにとって、親のサポートは非常に重要です。しかし、親の常駐については議論が分かれるところです。一方で、親が常駐することで子供たちに安心感や自信を与えることもありますが、一方で、親が常駐しすぎることで子供たちにストレスを与えることもあります。
 親が学童・少年野球において常駐することは、子供たちの成長と安全を確保するために重要です。親が常に近くにいることで、子供たちは自分たちの頑張りを親に認めてもらえることで、より一層モチベーションが高まるのです。また、怪我やトラブルがあった際にも、すぐに対応できるので安心です。しかし、親が常駐しすぎることは、子供たちにとってプレッシャーや依存心を抱かせることがあります。子供たちが自分で問題を解決する機会が少なくなり、自己肯定感や自己表現力が低下してしまう可能性があります。また、親が過度に関与することで、指導者やチームメイトとの関係にも悪影響を与えることがあります。
 親の常駐は子供たちの成長をサポートするために重要ですが、バランスが求められます。親は子供たちに寄り添いながらも、一定の距離を保つことが大切です。子供たちが問題を自ら解決できる力を身につけるためにも、親は適度な距離を保ち、子供たちの信頼を築くことが必要です。常駐する親は、子供たちの成長を見守り、サポートする役割を果たすことが求められます。ただし、適度な距離を保ち、子供たちが自ら学び成長する機会を与えることが大切です。
 親の信念も学童・少年野球において重要な要素です。子供たちが野球を続ける意義や目標を持つことで、モチベーションが高まり、より一層一生懸命に取り組めるのです。親は子供たちに向かって、野球を楽しむことや成長することの大切さを伝えることが必要です。また、親が持つ信念はチーム全体にも影響を与えます。親がチームの活動に協力し、指導者や他の保護者との信頼関係を築くことで、チームの結束力や成果を高めることができます。
 学童・少年野球における親の常駐と信念は、子供たちの成長とチームの発展に大きな影響を与えます。親は適度な距離を保ちながら、子供たちに寄り添い、信頼関係を築くことが求められます。そして、野球を楽しむことや成長することの大切さを伝えながら、子供たちをサポートしていくことが重要です。

2. 絶対にやってはいけない親のNG行動1:指導者に「特別扱い」させる

sports

 親が学童・少年野球の指導者に特別扱いをすることは、子供の成長にとって非常にマイナスの影響を与えます。以下は、親が絶対にやってはいけないNG行動の一つである指導者への特別扱いについての解説です。
 親が指導者に特別扱いをすることは、チーム内での公平性やチームスピリットを損なう恐れがあります。特別扱いがあると、他の子供や指導者からの信頼を失うだけでなく、子供自身のモチベーションや成長意欲にも悪影響を与えます。
 指導者に特別扱いをする行動としては、以下のようなものがあります。

球技の場面で我が子に優遇する

– コーチや審判に自分の子供を有利な立場に持ち込むような要求や圧力をかける行為は避けるべきです。あくまで公平な試合環境を尊重し、他の子供たちと同じように接する態度が求められます。

練習や試合で自分の子供を特別扱いする

– 練習や試合中に、他の子供たちが厳しく指導される一方で、自分の子供だけが特別な待遇を受けるような場面を作ることは避けましょう。チーム全体の発展のために公正な指導が必要です。


会員の方はこちらからログイン


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA