B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

少年野球のグローブ選び!人気商品ランキング&選択ポイント解説

 野球を始める子供たちにとって、適切なグローブ選びはプレーの楽しさや安心感に大きく影響します。しかし、グローブの種類やサイズ、素材など、選択肢が多くてわからないという保護者も少なくありません。そんな皆さんのために、この記事では少年野球用グローブの選び方やおすすめの人気商品ランキング、サイズ選びのポイントまで幅広く解説していきます。これを機に、あなたのお子さんにぴったりのグローブを見つけ、野球を楽しんでいただけることを願っています。

1. 少年野球用グローブの選び方ポイント

baseball glove

少年野球用グローブを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。これらのポイントは、子供たちがより快適にプレーできるようにサポートしてくれます。

利き手とサイズを確認しよう

野球をする際、グローブは利き手と反対側の手に装着します。利き手が右の場合は左手に、利き手が左の場合は右手にグローブをつけましょう。また、子供の手のサイズに合わせたグローブのサイズを選ぶことも重要です。

  • Sサイズ:身長が135cm未満の小学校低学年向け
  • Mサイズ:身長が135cm~160cmの小学校中学年以上向け
  • Lサイズ:身長が160cm以上の場合などに適しています。

しかし、注意が必要なのは、各メーカーのサイズ感が異なることです。必ず実物を試して確認しましょう。

初心者や低学年には「オールラウンド用」がおすすめ

低学年や野球初心者の場合は、ポジションが固定されていないことが多いです。そのため、オールラウンド用のグローブを選ぶことをおすすめします。オールラウンド用のグローブは、どの守備位置でも使える設計になっています。ボールを掴みやすい設計となっており、野球初心者にも扱いやすいです。

ポジションが決まったら専用グローブを検討しよう

高学年になり、ポジションが固定された場合は、専用のグローブやミットを購入することを検討しましょう。ポジションごとに特化した設計となっており、野球の上達をサポートしてくれます。特にピッチャーやキャッチャー向けのグローブは、それぞれのポジションに特化した機能が備わっています。

以上が、少年野球用グローブを選ぶ際のポイントです。子供の利き手や手の大きさ、プレーのポジションに合わせて、適切なグローブを選ぶことが重要です。子供たちが楽しく野球をするために、これらのポイントを参考にしてください。

2. おすすめの人気商品ランキング

青空

少年野球用のグローブを選ぶ際には、価格やサイズ、素材などを考慮することが重要です。ここでは、そんな要素を考慮しておすすめの人気商品ランキングをご紹介します。

2.1. Rawlings(ローリングス) 少年野球グローブ ハイパーテック R9 GJ3R9N8L(小学校4年生以上)

ポイント

  • 最安価格: ¥11,440
  • 用途: 軟式
  • 利き手: 右投げ/左投げ
  • ポジション: オールラウンド用
  • 素材: 天然皮革
  • サイズ: Lサイズ
  • 対象: 小学4~6年生

2.2. SSK(エスエスケイ) 少年野球グローブ ウィンドリーム WJJ4(小学校4年生以上)

ポイント

  • 最安価格: ¥10,384
  • 用途: 軟式
  • 利き手: 右投げ/左投げ
  • ポジション: オールラウンド用
  • 素材: 天然皮革
  • サイズ: Lサイズ
  • 対象: 小学4~6年生

2.3. ZETT(ゼット) 少年野球グローブ アクロキャッチ BJGB77220(小学校2年生以上)

ポイント

  • 最安価格: ¥5,132
  • 用途: 軟式
  • 利き手: 右投げ/左投げ
  • ポジション: オールラウンド用
  • 素材: 天然皮革、合成皮革
  • サイズ: Sサイズ
  • 対象: 小学2~3年生

2.4. kaiser 少年野球グローブ KW-344(小学校5年生~)

ポイント

  • 最安価格: ¥2,200
  • 用途: 軟式野球練習用
  • 利き手: 右投げ
  • ポジション: オールラウンド用
  • 素材: 合皮
  • サイズ: 11インチ
  • 対象: 小学5~6年生

以上がおすすめの人気商品ランキングです。価格をはじめ、用途や利き手、サイズなどに注目して選びましょう。お子さんに合った最適なグローブを選び、野球での成長をサポートしましょう。

3. グローブのサイズ選び

gloves

グローブのサイズ選びは非常に重要です。子供の手の大きさに合わないサイズのグローブは、指の力が伝わらず使いにくくなってしまいます。また、成長期の子供は体もどんどん大きくなるため、成長に合わせてサイズを変える必要もあります。


会員の方はこちらからログイン


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA