B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

台湾プロ・統一ライオンズ、高知で春季キャンプ 地元チームと交流戦|独立リーグ

台湾プロ・統一ライオンズ、高知で春季キャンプ 地元チームと交流戦|独立リーグ

台湾プロ・統一ライオンズ、高知で春季キャンプ 地元チームと交流戦
…(台北中央社)高知県で春季キャンプ中の台湾プロ野球、統一ライオンズは20日、同県内の春野総合運動公園野球場で独立リーグの高知ファイティングドッグスと…
(出典:中央社フォーカス台湾)


(出典 news.livedoor.com)

こんにちは、みなさん!今日は高知県で春季キャンプを行っている台湾プロ野球の統一ライオンズについてお話ししたいと思います。このチームは、高知ファイティングドッグスという独立リーグのチームと交流戦をしています。その様子を見に行ってきましたので、レポートしますね。
まず、試合前には、高知県議会日台友好議員連盟や高知県日台親善協会の方々が球場に来て、統一ライオンズの選手たちに高知県の特産品をプレゼントしました。すごく嬉しそうな顔をしていましたよ。統一ライオンズの方々も、高知県のキャップなどをお返しに渡しました。両者の友好的な雰囲気が伝わってきました。
そして、いよいよ試合が始まりました。統一ライオンズは、高知ファイティングドッグスに対して圧倒的な力を見せつけました。打線は連打連打で得点を重ね、投手陣も安定した投球で相手を抑え込みました。結果は、統一ライオンズが10対1で勝利しました。試合後、林岳平監督は、高知ファイティングドッグスの選手たちに敬意を表しつつも、自分たちのチームの成長を誇りに思うと話しました。また、高知県でのキャンプや交流戦は、自分たちの技術や体力だけでなく、日本の文化や風土に触れることもできると述べました。
私は、統一ライオンズの選手たちが高知県で楽しく充実した時間を過ごしていることがわかって、嬉しくなりました。台湾と日本の野球交流は、両国の友好関係にも貢献していると思います。これからも応援していきたいと思います。では、また!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA