子どもたちが成長すること、野球が好きになることを目的とする少年野球チーム|少年野球

2024/2/24

子どもたちが成長すること、野球が好きになることを目的とする少年野球チーム|少年野球 「昭和そのもの」の野球だった倉敷ジュニアリバティーズの後藤尚毅GM兼任監督は、リーグ戦開催の経緯について語る。「うちのチームは昨年4月に発足したのですが、その時点で、トーナメントではなくてリーグ戦を中心に活動したいという気持ちがありました。うちは、倉敷市の軟式野球連盟に加盟していません。同様に加盟せずに活動しているチームが、倉敷フューチャーズさん、天城フェニックスさんと2つあったので声をかけて、3チームでリーグ戦へ向けて取 ...

ReadMore

baseball

子供に野球の魅力を伝える!ルールの楽しく効率的な教え方

2024/2/24

野球は子供たちにとって単なるスポーツ以上のものです。チームワーク、リーダーシップ、そして計画性をはじめとする重要な価値観を教えてくれるだけでなく、楽しみながら身体活動を促す素晴らしい方法でもあります。しかし、野球の喜びを本当に感じるためには、そのルールを正しく理解し、適用することが不可欠です。特に子供たちにとっては、野球のルールが複雑で難解に感じられることもありますが、適切な教え方を通じて、彼らがこの美しいスポーツの魅力を存分に味わうことができるようになります。このブログでは、子供たちが野球のルールを楽し ...

ReadMore

ソフトバンク和田毅が明かす「21の流儀」|少年野球

2024/2/24

ソフトバンク和田毅が明かす「21の流儀」|少年野球 ソフトバンク和田毅が明かす「21の流儀」 早朝練習に参加するためにお小遣いをためて買った物は… ソフトバンクの和田毅が故郷島根県のTSKさんいん中央テレビで1日に放送された「21の流儀~和田毅のルール~」に出演。「あなたはまだ、和田毅を知らな…(出典:西スポWEB OTTO!)   (出典 www.nikkansports.com)    ソフトバンクの和田毅投手が故郷の島根県で放送された特別番組に出演しました。その中で、和田投手が自 ...

ReadMore

中学野球全国大会 斐川西VS東海大静岡翔洋、大田一VS大府北|中学野球

2024/2/23

中学野球全国大会 斐川西VS東海大静岡翔洋、大田一VS大府北|中学野球 【スポーツ速報】全国中学野球、島根勢は決勝進出ならず - 山陰中央新報社【スポーツ速報】全国中学野球、島根勢は決勝進出ならず  山陰中央新報社(出典:山陰中央新報社)   (出典 panthers-jr.com)    こんにちは、今日は、2023年度全国中学校体育大会・第45回全国中学校軟式野球大会の初日の結果をお伝えします。高知県内で行われたこの大会には、島根県内から斐川西中学校と大田一中学 ...

ReadMore

baseball

栃木県で開催!注目の少年野球大会一覧 - 子供たちの競技力を向上させる楽しい機会を見逃すな!

2024/2/23

少年野球大会は、子供たちが競技力向上やチームの連携を深めるだけでなく、友達や仲間を見つける絶好の機会です。栃木県では様々な大会が開催されており、今回はその中でも特に注目される"第45回栃木県スポーツ少年団交流大会"や"第16回GasOneカップ学童軟式野球栃木選手権大会"などの大会をご紹介します。どの大会も子供たちがスポーツの楽しさを体感し、健全な心身を育てるための素晴らしい舞台です。ぜひ一度ご覧いただき、子供たちの活躍を応援してみてください。 1. 第45回栃木県スポーツ少年団交流大会  栃木県スポーツ ...

ReadMore

初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」|高校野球

2024/2/22

初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」|高校野球 初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」 - Full-Count(フルカウント)初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」  Full-Count(フルカウント)(出典:Full-Count(フルカウント))   (出典 sportsbull.jp)    こんにちは、今日は島根県の矢上高校 ...

ReadMore

baseball

成功の秘訣はここにある!少年野球・1日の練習メニューで技術アップと楽しさを両立!

2024/2/22

少年野球において、子供たちの技術向上とチームワークの育成には、充実した練習メニューが欠かせません。一日の練習メニューには、選手たちのモチベーションを高め、野球の楽しさを実感させると同時に、基本技術の習得や身体能力の向上を目指す多様な活動が含まれるべきです。「少年野球 練習メニュー 1日」というテーマで、このブログ記事では、子供たちが野球を楽しみながら成長できるように設計された練習メニューの重要性、基本的な流れ、そして適切な指導方針をわかりやすく紹介します。さらに、自主練習のススメや野球を楽しみながら上達す ...

ReadMore

baseball

自宅で効果的にバッティング力アップ!少年野球選手におすすめの練習方法と用具

2024/2/21

 少年野球において、バッティングスキルの向上は選手個々の成長はもちろん、チーム全体の強化にも直結します。しかし、様々な理由から外での練習時間が制限されがちな現代では、自宅でのバッティング練習の重要性が高まっています。このブログでは、少年野球プレイヤーが自宅で取り組めるバッティング練習の方法、おすすめの練習用具をご紹介します。自宅で行える効果的な練習法を身につけ、限られた環境の中でも上達を目指すためのヒントを提供します。さあ、自宅でのバッティング練習を充実させ、野球スキルの向上につなげましょう。 1. 少年 ...

ReadMore

独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り|独立リーグ

2024/2/21

独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り|独立リーグ 独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り「NPB プロ野球2軍戦」参加申請へ ... - TBS NEWS DIG Powered by JNN独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り「NPB プロ野球2軍戦」参加申請へ ...  TBS NEWS DIG Powered by JNN(出典:TBS NEWS DIG Powered by ...

ReadMore

選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強|高校野球

2024/2/21

選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強|高校野球 選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強:朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル(出典:朝日新聞デジタル)   (出典 hanshintigers1.blog.jp)    鳥取県高校野球連盟が鳥取東高校を21世紀枠に推薦したというニュースに、私は驚きと喜びを感じまし ...

ReadMore

サイト内検索

広告 アマチュア野球情報 コラム 中学野球

「5分間ゲーム」でチームの一体感を作る|中学野球

「5分間ゲーム」でチームの一体感を作る|中学野球

【駿台学園中】「5分間ゲーム」でチームの一体感を作る|新時代の中学野球部
…っている中学野球部。そんな劇的に環境が変化する部活動において、勝利と育成の両立を目指す名将の指導法や解決策を紹介しているのが『新時代の中学野球部 勝利…
(出典:ベースボールキング)

部活動ガイドラインの導入によって、中学野球部の活動時間が短くなっているというのは本当に現代の悲劇ですよね。昔は夕方から夜遅くまで練習していたのに、今ではすぐに帰らなければならないんですから。そんな劇的な環境の変化の中で、勝利と育成の両立を目指す名将たちがどのような指導法や解決策を実践しているのか、とても興味深いです。そこで、『新時代の中学野球部 勝利と育成の両立を目指す名将の指導論』(大利実/カンゼン)という本をご紹介します。この本の中には、駿台学園中の西村晴樹監督と勝谷大コーチの登場する章があります。彼らが一体感を作り出すために取り組んでいる方法を知ることができるんですよ。
 駿台学園中の中学野球部には、チームとしての一体感が感じられるとのことです。彼らは目標に向かって、一つになって突き進んでいるんだそうです。一体感を作り出すためにはどうすればいいのか、と西村監督に聞いてみました。
 「自分のためじゃなくて、みんなのためにやっているんじゃないのか?」という問いかけが、彼らの口癖のようです。なんとも深い言葉ですね。彼らは自分のことだけを考えず、チームメイト全員のために、一つの目的に向かって頑張っているんです。しかし、一体感を生み出すためには、この気持ちがなければならないと西村監督は言います。一番怒るのは、自分のことしか考えていなくて、仲間のために本気になっていないときなんだそうです。チームのテーマが「人のために本気になる」だったこともあるようです。他の人のために、自分を犠牲にする気持ちが一体感を生むのですね。
 西村監督は正月になると、箱根駅伝を見ながらテレビの前で泣いているそうです。なぜかというと、走る選手たちが一本の襷をつなげるために、仲間のために走っている姿が心を揺さぶるからだと言います。自分のためだけでなく、仲間のために全力を尽くすことで、驚くべき力を引き出すことができるんですね。
 日々の練習の中でも、一体感を高めるための取り組みがあるそうです。特に効果的なのが「5分間ゲーム」という練習方法です。この練習では、1回表と裏を5分以内に終わらせることが目標です。これによって、速いテンポの野球に慣れることができるんだそうです。練習時間を見ながら、5イニング制や7イニング制にしているそうですよ。テンポが速くても、それぞれの役割をしっかりと果たし、試合を作っていくことが大切なんですね。
 もちろん、テンポを緩めることもできますが、最初にスピード感を体に染み込ませることが大切です。そうすることで、チーム全体の連携プレーがよりスムーズになるんですよ。
 このように、勝利と育成の両立を目指す名将たちは、様々な方法で一体感を作り出しているんです。個々の選手が一つの目標に向かって一丸となることで、チームの力はさらに高まります。部活動の時間が短くなっている現代だからこそ、一体感を大切にすることが重要なのかもしれませんね。


(出典 news.mixi.jp)

サイトマップ

-アマチュア野球情報, コラム, 中学野球
-, ,