B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

鹿島学園高硬式野球部 コーチに尾花氏|高校野球

鹿島学園高硬式野球部 コーチに尾花氏|高校野球

鹿島学園高硬式野球部 コーチに尾花氏 元プロ野球投手
…が28日、分かった。就任は2月1日付。 尾花氏は和歌山県出身。PL学園高(大阪)を卒業後、社会人野球を経て、1978年にヤクルトに入団。投手として通算…
(出典:茨城新聞クロスアイ)
 

(出典日刊スポーツ)
 
 こんにちは、野球ファンの皆さん。元ヤクルトのエースで横浜の監督も務めた尾花高夫氏が鹿島学園高のコーチに就任するというニュースについて、私の感想を書きたいと思います。
 尾花氏は私の憧れの投手でした。PL学園高からヤクルトに入団したときは、まだ若くて勢いがありましたね。ストレートとスライダーで打者を打ち取る姿は見事でした。ヤクルトでは、1985年に最多勝と最優秀防御率の二冠に輝きました。1987年には、日本シリーズで4試合に登板して3勝を挙げ、MVPに選ばれました。その後も、故障や年齢に苦しみながらも、チームのエースとして活躍しました。
 引退後は横浜の監督に就任しましたが、残念ながら成績は振るわず、2年で辞任しました。しかし、その後も巨人の投手コーチや野球解説者として、野球界に貢献し続けました。
 今回、鹿島学園高のコーチに就任するということですが、私はとても嬉しいです。鹿島学園高は昨年夏に初めて甲子園に出場しましたが、その時の監督は尾花氏の弟子である中村氏でした。中村氏は尾花氏から多くのことを学んだと言っています。そして、昨秋は県大会で準優勝し、関東大会に出場しました。このチームには、将来有望な選手がたくさんいます。
 尾花氏がコーチに就任すれば、彼らの技術や精神面をさらに高めることができるでしょう。尾花氏は自分の経験や知識を惜しみなく伝える人ですから。私は、尾花氏が鹿島学園高のコーチとして成功することを期待しています。そして、鹿島学園高が再び甲子園に出場することを願っています。
以上、私の感想でした。皆さんもコメント欄で意見をお寄せください。

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA