B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

初心者にもわかりやすい!少年野球の始め方と楽しむポイント

少年野球は子供たちにとって楽しく協調性を学ぶ上で最適なスポーツですが、初めて取り組むお子さんや保護者の皆さんにはどのように始めれば良いのか分からないことが多いですよね。そこで、この記事では、多賀少年野球クラブの練習方法、必要な用品とそのコスト、道具の選び方や購入方法、そして親子で楽しむためのポイントなど、少年野球を始める上で知っておくべき情報を分かりやすくご紹介いたします。これから少年野球を始めるお子さんが楽しく安全にプレイできるよう、ぜひ参考にしてみてください。

1. 多賀少年野球クラブの練習方法

baseball

多賀少年野球クラブは、強豪として有名なチームです。則本昂大投手を輩出し、全国大会でも上位に進出するなど、その実績があります。この成功の秘訣は、辻正人監督の優れた指導方法にあります。辻監督は特に初心者の育成に力を入れており、選手たちの投げ方と捕り方に特に注目しています。

投げ方の練習方法

辻監督はシンプルな言葉で投げ方の指導を行っています。右利きの子どもたちに対しては「右手でボールを持って、そのまま頭。ステップ、ステップ、そのまま真っすぐドーンと投げる」と伝えます。彼らの腕の位置やステップの仕方をチェックしながら、上手くできた時には「すごい!」や「今のは完璧だ!」などと声をかけます。

捕り方の練習方法

捕り方の練習では、段階的な方法を取っています。まずは地面に落ちているボールをグラブで拾う練習から始め、次に柔らかいボールを下から投げる練習を行います。辻監督は、体の正面で捕球させないように注意しながら指導します。最初は恐怖心が芽生えることもあるため、顔に当たらないように体の横でキャッチするよう伝えます。また、フライを捕ることは空間認知能力が必要であり、これを練習することで打撃も上達すると語っています。

成長を促す指導方法

多賀少年野球クラブでは、基本的な練習方法に重点を置き、選手たちの成長を促しています。初心者に対しても優しい声掛けやアドバイスがなされ、技術を身に付けることができるようにしています。

以下は、多賀少年野球クラブの練習方法のポイントです:
– 初心者は優しい声掛けを行い、モチベーションを高めます。
– 投げ方の指導では、シンプルな言葉を使い、正しいステップと腕の振りを教えます。
– 捕り方の練習では、段階的な方法を取り、顔に当たらないようにキャッチする練習も行います。
– 成長を促すため、選手たちの上達を認める声掛けを行い、自信をつけさせます。

少年野球を始める際には、多賀少年野球クラブの指導方法を参考にすると良いでしょう。

2. 必要な用品とそのコスト

baseball

少年野球を始めるためには、いくつかの必要な用品があります。以下では、必要な用品とそのおおよそのコストについて詳しく説明します。

ユニフォームと帽子(約2,000円程度)

最初に必要なのはチームの指定ユニフォームと帽子です。まずはチーム代表者に確認してから購入しましょう。通常、約2,000円ほどで購入することができます。

アンダーウェア(半袖・長袖)(約1,500~4,000円程度)

アンダーウェアは、半袖と長袖の2種類があります。試合用と練習用で分かれていることもあるため、チームの指定に従って購入しましょう。価格は1,500円から4,000円程度です。

ウインドブレーカー(約2,500円程度)

baseball uniforms

ウインドブレーカーは、動きやすくて軽い素材で寒さから身を守ってくれます。もしチームの指定がある場合は、それに従って購入しましょう。価格は約2,500円程度です。

冬用コート(約7,000円程度)

真冬の寒さに耐えるためには、冬用コートが必要です。練習場所への移動や食事の際にも活用できます。一部のチームではコーチも同じものを着ることがあります。価格は約7,000円程度です。

野球用リュック(約14,000円程度)

野球用リュックは、野球の道具を入れるための大きなリュックサックです。チームによって指定されている場合もあるので、相談してから購入しましょう。価格は約14,000円程度です。

ストッキング(約1,000円未満)

一部のチームではストッキングの使用が求められる場合もありますので、確認してから購入しましょう。価格は1,000円未満です。

グローブとバット(価格にばらつきがあります)

グローブとバットは個別に用意する必要があります。グローブの選び方にはサイズや柔らかさが重要ですが、初心者の場合はオールラウンド用のグローブがおすすめです。バットは子供の体格に合ったものを選びましょう。

以上が必要な用品とそのおおよそのコストです。価格は参考価格であり、実際の価格は個別に異なる場合があります。必要な用品はチームによっても異なるため、チームの代表者に確認してから購入しましょう。

3. 少年野球に必要な道具

少年野球を始めるためには、いくつかの道具が必要です。以下では、チームで揃える可能性がある道具と、個別に揃える必要のある道具について紹介します。

チームで揃える可能性がある野球道具

まずは、チーム全員が同じものを使用することが推奨される野球用品を紹介します。以下の道具はチームメンバー全員が共有することが多いため、チーム代表者によって購入方法が異なる場合もあります。

  • 帽子:チームのロゴ入りの指定帽子を利用することが一般的です。指定の方法で購入できる場合もあります。
  • 試合用ユニフォーム:試合用のユニフォームもチーム指定のものがあります。上下セット一着でも高額ですが、チームで共有するケースもあります。
  • アンダーウェア:半袖と長袖のアンダーウェアがあります。試合用と練習用で分かれることが一般的です。
  • ウインドブレーカー:動きやすく暖かいウインドブレーカーが必要です。チーム指定のものを購入することが多いです。
  • 冬用コート:真冬に寒さに耐えるためのコートです。チームによっては必要な場合もあります。
  • 野球用リュック:野球道具を入れるためのリュックです。チーム指定のものがあることがあります。
  • ストッキング:ストッキングもチームで購入できる場合があります。

個別に揃える野球道具

一方、個別に用意する必要のある野球道具もあります。以下の道具は個人の好みや体格に合わせて選ぶことができます。


会員の方はこちらからログイン


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA