ローズ監督が退任|独立リーグ

2024/2/28

ローズ監督が退任|独立リーグ  プロ野球横浜(現DeNA)などの主軸打者として活躍したロバート・ローズ監督が、野球の独立リーグ、九州アジアリーグで熊本を本拠地とする火の国サラマンダーズを率いていたが、家族の都合により退任することが決まりました 。ローズ氏は現役時代にプロ野球横浜(現DeNA)などの主軸打者として活躍し、昨年11月に監督就任が発表されたばかりでした。彼は「シーズン前に帰国することになり残念。近い将来、日本で野球に携わりたいと思っている」とコメントしています。 火の国サラマンダーズは、九州を拠 ...

ReadMore

元広島の福井優也がノーノー達成|独立リーグ

2024/2/28

元広島の福井優也がノーノー達成|独立リーグ  福島レッドホープスの投手、福井優也選手が、新潟戦で無安打無得点試合を達成しました。この快挙は、リーグで7人目であり、福島では初めての達成となりました。 福井選手はプロ野球広島、楽天で計12年プレーし、今季から福島に所属しています 。彼の活躍は、福島県の復興と風評被害の払拭を後押しすることを第一に掲げている福島レッドホープスにとって非常に重要です。 福島レッドホープスのエース投手、福井優也選手が新潟戦で素晴らしい記録を打ち立てました。彼は28人の打者に対して1四 ...

ReadMore

元広島左腕の金丸将也が10年ぶりのプロ登板 監督から選手兼任に|独立リーグ

2024/2/27

元広島左腕の金丸将也が10年ぶりのプロ登板 監督から選手兼任に|独立リーグ 元広島左腕の金丸将也が10年ぶりのプロ登板 監督から選手兼任に 独立リーグ・宮崎:「おっ!」でつながる地元密着の ... - 西日本新聞me 元広島左腕の金丸将也が10年ぶりのプロ登板 監督から選手兼任に 独立リーグ・宮崎:「おっ!」でつながる地元密着の ...  西日本新聞me (出典:西日本新聞me) (出典 nishispo.nishinippon.co.jp)  宮崎県出の元広島投手で、宮崎サンシャイン ...

ReadMore

baseball

少年野球のグローブ選び!人気商品ランキング&選択ポイント解説

2024/2/27

 野球を始める子供たちにとって、適切なグローブ選びはプレーの楽しさや安心感に大きく影響します。しかし、グローブの種類やサイズ、素材など、選択肢が多くてわからないという保護者も少なくありません。そんな皆さんのために、この記事では少年野球用グローブの選び方やおすすめの人気商品ランキング、サイズ選びのポイントまで幅広く解説していきます。これを機に、あなたのお子さんにぴったりのグローブを見つけ、野球を楽しんでいただけることを願っています。 1. 少年野球用グローブの選び方ポイント 少年野球用グローブを選ぶ際には、 ...

ReadMore

慶応に敗れた仙台育英バッテリーは宿敵・早稲田大へ…甲子園スターたちはどこに行く?|高校野球

2024/2/27

慶応に敗れた仙台育英バッテリーは宿敵・早稲田大へ…甲子園スターたちはどこに行く?|高校野球 慶応に敗れた仙台育英バッテリーは宿敵・早稲田大へ…甲子園スターたちはどこに行く? 高校球児の進路先情報2024「大阪桐蔭は…」<一覧リスト付>  大垣日大(岐阜)のサイド左腕・矢野海翔投手は独立リーグの徳島インディゴソックスへの入団が決まった。U18戦士が直接独立リーグに入団するのは初。自ら厳しい環境に身… (出典:Number Web) (出典 mainichi.jp)  花巻東高校の佐々木麟太郎選手がスタンフォ ...

ReadMore

大学準硬式の全国地区No.1決定戦「9ブロック大会」が岡山で開幕! |大学野球

2024/2/26

大学準硬式の全国地区No.1決定戦「9ブロック大会」が岡山で開幕! |大学野球  大学準硬式の全国3大大会のひとつである「第41回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会」が岡山県で始まりました。この大会は、全国9つの地区がそれぞれメンバーを厳選して選抜チームを編成し、いわば各地区のオールスターチームが、地区No.1の称号をかけて戦う全国大会です。今年のドラフト会議でオリックスに5位指名を受けた高島泰都投手も、明治大準硬式時代に9ブロックに出場し、150キロ近い球速をたたき出しています。甲子園大会を盛り上げ ...

ReadMore

baseball

少年野球の指導方法:子供たちの可能性を最大限に引き出すための効果的なコーチングテクニック

2024/2/26

 野球は単なるスポーツ以上のものです。特に少年野球は、参加する子供たちにとって楽しみ、チームワーク、責任感を教え、成長させる重要な段階です。しかし、この段階で彼らが得る経験の質は、指導方法とコーチの能力に大きく依存しています。"少年野球の指導方法"では、この責任の重さを理解し、少年たちが技術的にも精神的にも成長できるような、効果的な指導法とコーチとしてのコミュニケーションスキルに焦点を当てていきます。コーチの役割は多面的で、子供たち一人ひとりの能力を最大限に引き出すことから、彼らの精神的成長をサポートする ...

ReadMore

滋賀の古豪公立校を支える元日本ハム選手|高校野球

2024/2/26

滋賀の古豪公立校を支える元日本ハム選手|高校野球 # 元プロ野球選手の監督やコーチが高校野球に影響を与える 2013年に学生野球資格回復制度の条件が緩和され、教師以外の元プロ野球選手も、「NPBプロ研修会」と「学生野球研修会」の2つの研修会を受講し、さらに適性検査を受けて、合格すれば、資格回復となった。これにより毎年、100人以上の元プロ野球選手が資格回復となり、近年の高校野球は元プロ野球選手の監督やコーチが珍しくなくなってきた。センバツ出場の近江が牽引する滋賀県もその流れになっており、1939年と63年 ...

ReadMore

岡山県中学野球 組み合わせ決定 32チーム 中国大会|中学野球

2024/2/25

岡山県中学野球 組み合わせ決定 32チーム 中国大会|中学野球  山陽新聞社杯争奪第74回岡山県中学校野球選手権大会(県中体連、県軟式野球連盟、山陽新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が15日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で行われ、県内6地区の予選を突破した32チームの対戦カードが決まりました。この大会は23日から5日間、倉敷市のマスカットスタジアムなど県内7球場で熱戦を繰り広げます. 23日には倉敷市営球場で午前8時半から開会式が行われ、玉野市の合同チーム、宇野・山田・荘内・八浜・東児の杉本康祐主将(宇野) ...

ReadMore

parenting

子供たちの成長を阻害しない!少年野球で失敗しない親の行動とは?

2024/2/25

少年野球は子供たちが成長し、チームワークやリーダーシップを発揮する場であり、親のサポートが欠かせません。しかし、親が適切でない行動をとることで、子供たちやチームに悪影響を与えることがあります。本記事では、少年野球で絶対にやってはいけない親の行動について具体的に解説し、子供たちの成長とチームの発展に役立つサポート方法をアドバイスします。 1. 学童・少年野球における親の常駐と信念 学童・少年野球を続ける子供たちにとって、親のサポートは非常に重要です。しかし、親の常駐については議論が分かれるところです。一方で ...

ReadMore

サイト内検索

広告 アマチュア野球情報 コラム 大学野球

監督・コーチは「気付かせ屋」 軟式野球から硬式野球の監督へ|大学野球

監督・コーチは「気付かせ屋」 軟式野球から硬式野球の監督へ|大学野球

`
 今回の連載「監督として生きる」は、東海地区大学野球連盟に加盟する中京学院大学硬式野球部の小野昌彦新監督(52)です。現役時代は近畿大附属高校、駒澤大学で硬式野球をプレー。指導者としては大学卒業2年目から28年間、東北福祉大学軟式野球部コーチを務め、2015年からは大学軟式野球日本代表の監督に就任しました。3回連載の2回目では、長年の野球人生を送る中でたどりついた“育て方”の極意を深掘りします(以下敬称略)。

指導者人生の礎を築いてくれた2人の恩師

兵庫県西宮市出身の小野が野球を始めたのは小学6年生の頃。元々は水泳の選手だったが、PL学園(大阪)硬式野球部でプレーした兄と全日本大学野球連盟の専務理事を務めた父のいる野球一家で育ったこともあり、野球と出会うのは自然な流れだった。現役時代は内外野守れる左打ちの野手としてプレー。だが、高校ではひざのケガに悩まされ、3年間、背番号をもらうことはできなかった。その後は兄も在籍していた駒澤大に一般入試で進学。大学でもひざの手術を2度経験し、特に2、3年時はリハビリに多くの時間を費やした。それでも打撃力を買われ、選手としての最終年となった4年時にようやく公式戦の出場機会をつかみ取りますた。
 小野監督は「僕の野球人生は野村徹、太田誠の2人でできている」と話す。野村氏は高校時代、太田氏は大学時代の監督だ。野村氏からは「会話の大切さ」、太田氏からは「守れない、走れない選手でもチームに貢献する方法があること」を教わった。日頃から選手と会話することを心がけ、一人ひとりの力をどう生かすか考える。指導者・小野昌彦のモットーは、2人の恩師から受け継がれています。

変えたかった「どうせ軟式だし」の意識

 大学卒業後は駒澤大で1年間コーチを務めて指導経験を積んだのち、オファーを受けた東北福祉大へ。最初の2年は大学院で福祉を学びつつ秘書業務にもいそしみ、その後は大学職員として従事した。同時に就いたのが軟式野球部コーチの役職。試合の采配など監督業を任されたため、様々な高校、大学、企業の指導者と交流しながら、それまでの野球人生においては無縁だった軟式野球を一から勉強しました。

この記事は、小野昌彦監督の野球人生について紹介するものです。小野監督は、硬式野球と軟式野球の両方で指導者として活躍しており、その経験や教えを受けた恩師について語っています。記事は以下のような構成になっています。

  • 小野監督のプロフィールと連載の概要
  • 小野監督が野球を始めたきっかけと現役時代のエピソード
  • 小野監督が尊敬する2人の恩師とその教え
  • 小野監督が軟式野球に携わるようになった経緯とその魅力

記事はブログポストという形式で書かれており、長めの文章で情報的なトーンで書かれています。読者に小野監督の人柄や思いを伝わります。

監督・コーチは「気付かせ屋」 軟式野球から硬式野球の監督へ、異例の転身を遂げる指導者の"モットー"
…恩師兵庫県西宮市出身の小野が野球を始めたのは小学6年生の頃。元々は水泳の選手だったが、PL学園(大阪)硬式野球部でプレーした兄と全日本大学野球連盟の…
(出典:4years.)


(出典 baseball-one.net)

サイトマップ

-アマチュア野球情報, コラム, 大学野球
-