B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

星槎道都大の右腕、伊東佳希と最速153キロ左腕、滝田一希がそろってプロ志望届を提出|大学野球

星槎道都大の右腕、伊東佳希と最速153キロ左腕、滝田一希がそろってプロ志望届を提出|大学野球

星槎道都大の右腕、伊東佳希と最速153キロ左腕、滝田一希がそろってプロ志望届を提出
…提出。  また、東都大学野球連盟2部の東農大からは速球派右腕、宮里優吾投手。近大の主将を務める坂下翔馬内野手と梅元直哉投手。愛媛大・永山裕清投手、北九…
(出典:日刊スポーツ)

全日本大学野球連盟は14日に行われたプロ志望届の提出者の更新を発表しました。新たに7人が提出し、これにより合計57人の選手がプロ志望届を提出したこととなりました。注目選手の中でも、星槎道都大の伊東佳希投手と滝田一希投手がそろってプロ志望届を提出しました。伊東投手は右腕でありながら、その球速は最速153キロという驚異的な速さを誇ります。一方、滝田投手は左腕でありながら、同じく153キロの球速を持つことで知られています。彼らのプロ入りの可能性には大いに注目が集まっています。
さらに、東都大学野球連盟2部の東農大からは宮里優吾投手がプロ志望届を提出しました。彼は速球派の右腕であり、その力強い投球スタイルは注目を浴びています。また、近大の主将を務める坂下翔馬内野手と梅元直哉投手もプロ志望届を提出しました。彼らはチームの中心選手として活躍し、プロ入りのチャンスを掴むために新たな一歩を踏み出したのです。その他にも、愛媛大の永山裕清投手と北九州市大の生田惇一郎投手もプロ志望届を提出しました。永山投手はバランスの取れた投球スタイルと高い制球力で知られており、生田投手は速球とカーブを駆使したピッチングで評価されています。彼らもプロ入りへの意欲を示す形となりました。
これらの選手たちのプロ入りを目指す姿勢と才能は、全日本大学野球連盟内でも注目されています。彼らがどのような成績を残し、プロ入りの夢を叶えるのか、今後の動向に注目が集まっています。


(出典 www.doshinsports.com)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA