少年野球の守備|センター(中堅手)の守備範囲と考えなければいけないこと

センター(中堅手)は、「広い守備範囲」と「肩の強さ」

 センター(中堅手)は、外野手の中でも最も守備範囲が広いポジションです。そして、レフト(左翼手)とライト(右翼手)の左右両方も守備範囲になりますし、レフト(左翼手)とライト(右翼手)のカバーリングも最も大事な役割です。ホームペースには最も遠い外野のポジションなので、肩の強さも要求されます。
 そして、何よりも、レフト(左翼手)とライト(右翼手)の守備範囲とも重なる部分が多いことから、的確な指示ができ、大きな声で、レフト(左翼手)とらライト(右翼手)に指示ができる判断力も必要なポジションです。

センター(中堅手)の守備範囲(ボールを処理する範囲)

 センター(中堅手)は、キャッチャー(捕手)とは逆の位置から、グラウンド全体を見渡せるポジションです。だから、打球が飛んだときに、「だれが捕って、どこに投げるのか」がわかるポジションなので、先のプレーを考えて、様々なカバーリングに素早く動くことも重要な役割です。

【センター(中堅手)の守備範囲】

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと①「ショートのカバーと2塁ベースのカバー」

 センター(中堅手)は、外野に飛んできた打球だけの処理をすればいいだけでなく、内野ゴロであってもショートゴロ(セカンドゴロ)の場合はカバーリングに動きましょう。
 また、ショートのうしろのフライを捕ることは、ショートと大きな声をかけあって対応しなければいけません。自分が捕れるフライのときは、早めに大きな声で「オーライ!」とか「俺が捕る!」と声をかけましょう。
 また、ランナーが1塁にいるときに、セカンドゴロやファーストゴロの打球が飛んだ時には、2塁送球をしますので、2塁ベースのカバーリングに素早く動きましょう。

作成:B-Baseball.com
スポンサーリンク

守備で考えておくこと②
「セカンドのカバーと3塁ベースのカバー」

 センター(中堅手)は、セカンドゴロが飛んだ時にはセカンドへのカバーリングに素早く動きましょう。
 また、ランナー1塁の時に、サードゴロやショートゴロが飛んだ時には、2塁ベースに送球するので、2塁ベースのカバーリングに動きましょう。センター(中堅手)は、上記の①のファーストゴロやセカンドゴロとは逆の動きで2塁のカバーリングに動きます。
 だから、センター(中堅手)は、自分の守備範囲の打球以外の内野ゴロであっても、カバーリングを行う動きをいつもしていないといけません。

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと③
「左中間の打球のカバーリング」

 センター(中堅手)は、レフト(左翼手)との間の左中間の打球にも素早く動きます。前のフライやライナーの場合、センター(中堅手)の守備範囲であれば、積極的に前にでることも大事ですが、レフト(左翼手)よりの打球の場合は、レフト(左翼手)のカバーリングに動きましょう。
 外野手が、ボールを後ろにそらしたら、後ろにはだれも守っていないので、レフト(左翼手)のカバーリングはセンターにとって、試合を左右する重要な役割です。

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと④
「右中間の打球のカバーリング」

 センター(中堅手)は、ライト(右翼手)との間の右中間の打球にも素早く動きます。前のフライやライナーの場合、センター(中堅手)の守備範囲であれば、積極的に前にでることも大事ですが、ライト(右翼手)よりの打球の場合は、ライト(右翼手)のカバーリングに動きましょう。
 外野手が、ボールを後ろにそらしたら、後ろにはだれも守っていないので、ライト(右翼手)のカバーリングはセンターにとって、試合を左右する重要な役割です。
 おわかりのようにセンター(中堅手)は、レフト(左翼手)、ライト(右翼手)の外野のどこに打球が飛んでも、センター(中堅手)はカバーリングを考えて、動かねければいけないポジションなのです。

作成:B-Baseball.com

【まとめ】
センター(中堅手)は「すべての外野の打球」に反応できるかどうか。

 センター(中堅手)は、外野の中で最も守備範囲が広いポジションですが、ほかのポジションのカバーリングも多いポジションです。
 センター(中堅手)は、キャッチャー(捕手)と同様に、グラウンド全体を見渡せるポジションになります。だから、次のプレーを考えてカバーリングを行うと同時に、各ポジションで大きな声で支持することも大事なポジションです。内野手にはエラーをしても外野手がいますが、外野手の後ろにはだれもいないので、こうしたカバーリングをすることが、センター(中堅手)の最も大事な役割ではないかと思います。

【まとめ センター(中堅手)の守備範囲とカバーリングの動き】

【まとめ レフト(左翼手)が考えておく守備位置】

ランナーノーアウト1アウトのとき2アウトのとき
なしショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
前のフライについて注意しておく
左と同じ左と同じ
1塁にいるときショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく
左と同じ左と同じ
1・2塁のときショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
左と同じ左と同じ
満塁のときセンターフライのときに3塁ランナーのタッチアップ
ショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
左と同じショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
1・3塁のときセンターフライのときに3塁ランナーのタッチアップ
ショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
左と同じショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
2塁にいるとき右中間のフライのときには、2塁ランナーのタッチアップ
ショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
前のフライについて注意しておく
左と同じ左と同じ
2・3塁のとき
センターフライのときに3塁ランナーのタッチアップ
ショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
左と同じショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
3塁にいるときセンターフライのときに3塁ランナーのタッチアップ
ショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
左と同じショートゴロ・セカンドゴロの時のカバーリング
すべての内野ゴロの2塁ベースのカバーリング
前のフライについて注意しておく。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事