初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」|高校野球

2024/2/22

初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」|高校野球 初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」 - Full-Count(フルカウント)初戦敗退“常連”が一転…大躍進の公立校 元プロが施す意識改革「そんな甘くないけん」  Full-Count(フルカウント)(出典:Full-Count(フルカウント))   (出典 sportsbull.jp)    こんにちは、今日は島根県の矢上高校 ...

ReadMore

baseball

成功の秘訣はここにある!少年野球・1日の練習メニューで技術アップと楽しさを両立!

2024/2/22

少年野球において、子供たちの技術向上とチームワークの育成には、充実した練習メニューが欠かせません。一日の練習メニューには、選手たちのモチベーションを高め、野球の楽しさを実感させると同時に、基本技術の習得や身体能力の向上を目指す多様な活動が含まれるべきです。「少年野球 練習メニュー 1日」というテーマで、このブログ記事では、子供たちが野球を楽しみながら成長できるように設計された練習メニューの重要性、基本的な流れ、そして適切な指導方針をわかりやすく紹介します。さらに、自主練習のススメや野球を楽しみながら上達す ...

ReadMore

baseball

自宅で効果的にバッティング力アップ!少年野球選手におすすめの練習方法と用具

2024/2/21

 少年野球において、バッティングスキルの向上は選手個々の成長はもちろん、チーム全体の強化にも直結します。しかし、様々な理由から外での練習時間が制限されがちな現代では、自宅でのバッティング練習の重要性が高まっています。このブログでは、少年野球プレイヤーが自宅で取り組めるバッティング練習の方法、おすすめの練習用具をご紹介します。自宅で行える効果的な練習法を身につけ、限られた環境の中でも上達を目指すためのヒントを提供します。さあ、自宅でのバッティング練習を充実させ、野球スキルの向上につなげましょう。 1. 少年 ...

ReadMore

独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り|独立リーグ

2024/2/21

独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り|独立リーグ 独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り「NPB プロ野球2軍戦」参加申請へ ... - TBS NEWS DIG Powered by JNN独立リーグ『火の国サラマンダーズ』7月中旬までに資金調達できた場合に限り「NPB プロ野球2軍戦」参加申請へ ...  TBS NEWS DIG Powered by JNN(出典:TBS NEWS DIG Powered by ...

ReadMore

選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強|高校野球

2024/2/21

選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強|高校野球 選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル選抜21世紀枠、鳥取県の推薦は鳥取東 21、22年の鳥取大会4強:朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル(出典:朝日新聞デジタル)   (出典 hanshintigers1.blog.jp)    鳥取県高校野球連盟が鳥取東高校を21世紀枠に推薦したというニュースに、私は驚きと喜びを感じまし ...

ReadMore

鳥取西中野球部、クラブチームに 釧路市内で初 安定した指導、活動環境確保|中学野球

2024/2/20

鳥取西中野球部、クラブチームに 釧路市内で初 安定した指導、活動環境確保|中学野球 鳥取西中野球部、クラブチームに 釧路市内で初 安定した指導、活動環境確保:北海道新聞デジタル - 北海道新聞鳥取西中野球部、クラブチームに 釧路市内で初 安定した指導、活動環境確保:北海道新聞デジタル  北海道新聞(出典:北海道新聞)   (出典 www.hokkaido-np.co.jp)    こんにちは、今日は、釧路市立鳥取西中の野球部がクラブチームになったというニュースについ ...

ReadMore

baseball

【少年野球上達の鍵】指導方法・コーチの役割を徹底解説!

2024/2/20

野球は子供たちにとって楽しいスポーツであり、チームワークやリーダーシップ、コミュニケーションスキルを学ぶ絶好の機会です。このブログでは、「少年野球の指導方法」というテーマを元に、少年野球コーチの役割や教え方、効果的な指導法やコミュニケーションスキル、そして子供たちの上達をサポートする方法について解説します。指導者ライセンス制度やその意義についても紹介し、少年野球の指導者となる皆さんがより充実した指導ができるようサポートします。 1. 少年野球コーチの役割と教え方 少年野球コーチは、子供たちに野球の技術やチ ...

ReadMore

少年野球でバッテリーの2人、対戦なるか|高校野球

2024/2/20

少年野球でバッテリーの2人、対戦なるか|高校野球 少年野球でバッテリーの2人、対戦なるか 履正社の西と鳥取商の荒川:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル 少年野球でバッテリーの2人、対戦なるか 履正社の西と鳥取商の荒川:朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル (出典:朝日新聞デジタル) (出典 count23.jp) こんにちは、野球ファンの皆さん!今日は第105回全国高校野球選手権記念大会の注目カード、履正社対鳥取商の試合についてお話ししたいと思います。この試合には、なんと幼なじみの ...

ReadMore

筒香兄弟が込めた新球場への熱い思い|少年野球

2024/2/19

筒香兄弟が込めた新球場への熱い思い|少年野球 筒香兄弟が込めた新球場への熱い思い「子どもたちにはどんどん失敗してほしい」 …Boysと、その関係者のみ。オフシーズンでは筒香選手も自主トレで施設を使うが、「少年野球チームが練習する隣のグラウンドで、プロ野球選手がトレーニングをしている。 (出典:WANI BOOKS NewsCrunch) (出典 papazarunosusume.com)  筒香嘉智選手が私費を投じた球場として、生まれ故郷の和歌山・橋本市に完成した『TSUTSUGO SPORTS ACAD ...

ReadMore

baseball

『少年野球の息を吹き返す!現状と課題を解決への道』

2024/2/19

少年野球は子供たちにとって競技スキルだけでなく、チームワークやスポーツマンシップを学ぶ素晴らしい機会です。しかし、近年の競技人口の減少や指導者不足、試合過多など、さまざまな課題が明らかになってきました。このブログでは、少年野球の現状とこれらの課題、そしてそれらに対する取り組みについて詳しく見ていきます。野球愛好家の方やそれをサポートする保護者の方々、そして野球界全体にとって有益な情報が満載です。どうぞお楽しみに! 1. 少年野球の現状と課題 現在、少年野球界はいくつかの深刻な問題に直面しています。特に新型 ...

ReadMore

サイト内検索

広告 守備の練習方法 少年野球の練習方法

少年野球の守備|ゴロの捕球の仕方②

捕球のかまえについて

『ゴロを捕球するときのかまえは、膝を曲げ、顔は正面、左足を少し前においてかまえる。』と言葉でいうのは簡単ですが、子どもは意外とできないので

>>>捕球のかまえ方についてはこちらをご覧ください。

ゴロの構え①

すこし膝を曲げて中腰で、”かかと”を上げて構える

ゴロを捕るときに一番大事なのは、「1歩目」がスタートすることです。
その1歩目を素早く動くために、監督・コーチからするといろんなことをいうと思います。
でも、低学年であればあるほど、あまりむずかしいことをいうととり方がわからなくなってしまいます。
だから、捕球するためのかまえを教えるとき、高学年になればいろいろと教えてもわかるようになりますが、低学年、4年生くらいまではなかなかわからないというのが、実際です。
だから、最初に教えるときにわかってくれるのは、
「ひざを軽く曲げて、中腰で構えて。そして、かかとを上げて構える」ことができれば、基本的な構えができるようになります。
かかとをあげて構えることができれば、自然と「1歩目」が早くでるようになってきます。

頭の位置を動かさない

ボールをとるかまえができて、実際に左右にボールをとりにいくときに、できるだけ頭の位置は、最初にかまえた高さで動くように心がけましょう。だから、頭の位置は、左右に動くときに、動きやすく高さがかわらない位置でかまえるようにしましょう。

ゴロの構え③

なぜ、頭の位置を動かしてはいけないの?

プロ野球選手や高校生であれば、多少の頭が動いていても、経験と練習でボールはとれますが、子供の場合、まずは頭の位置を動かさないでボールをとりにいくことが大事だと思います。

ゴロの構え④


ボールは当然ですが転がってきます。転がってきて動いているボールをきっちりみるためには、転がってくるボールに対して、それをみる目がある顔が上下に動いていたら、動いているボールと動いている目では、ボールの位置が違って見えます。だから、動いているボールには、きちんと頭を固定して、目線を変えないようにボールをとりにいくように心がけましょう。
「頭の位置を変えない=目線を変えない」ことをすることがボールを捕るときに最も重要です。

グローブの捕球する面を正面に向けておく

あとは、必ずグローブの捕球する面を正面に向けながらボールを追うことです。どうしても、グローブを抱えてしまうので、グローブの捕球する面を正面に向けておくことも、ゴロを捕球するためには重要なポイントです。
ボールを捕る姿勢に入ると、どうしてもグローブを抱えてしまって、ボールが通り過ぎてしまってからボグローブを出してしまいます。よくトンネルしてしまうのは、グローブを抱えてしまうことが大きな原因となります。
だから、グローブはいつも正面に向けておくことを心がけてほしいです。

ボールをとる位置は決まっている?!

ボールをとる位置は決まっています。ボールを楽にとるためには、ボールのバウンドをみて、とりやすいポイントできちんととることで、あとの投げる動作にも入りやすくなります。

ゴロの取り方②.jpg

 ボールをとりやすい位置は以下の2つになります。

①ボールが地面からバウンドしたすぐあと(ショートバウンド)
④ボールが地面にバウンドするすぐまえ(ボールが落ちてくるとき)

一番ボールが捕りやすいのは①ショートバウンドのところです。でも、子供の場合、どうしてもショートバウンドのところでとろうとすると、ボールを怖がってしまいます。ボールを怖がるから、後ろに下がってしまい、②のハーフバウンドでとろうとしてしまい、エラーしていまします。あとは、同じようにボールを怖がるため、バウンドしたあとでとろうとすると、③のボールが一番高い位置でとろうとしてしまうため、頭をこえてしまって、いわゆる「バンザイエラー」をしてしまうのです。
上の図を見てもらえばわかりますが、ボールをとりやすい位置は、ボールが地面でバウンドするすぐまえかすぐあと(ショートバウンド)なのです。だから、どうしてもボールが怖くてショートバウンドがとれないと思うのであれば、思い切って前にでて、バウンドする前でボールをとることをイメージして練習しましょう。そうすると自然とショートバウンドもとれるようになります。
これは、本当に不思議ですが、「④ボールがバウンドする前でとる」を意識すると、ショートバウンドもとれるようになり、逆に、ショートバウンドがとりやすいということを体で覚えるようになります。

読んでほしい記事

サイトマップ

-守備の練習方法, 少年野球の練習方法
-, , , , , , , ,