B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

手に伝える「監督に依存するな」 “近すぎる距離感”に懸念…中学日本一指揮官の思考|中学野球

手に伝える「監督に依存するな」 “近すぎる距離感”に懸念…中学日本一指揮官の思考|中学野球

選手に伝える「監督に依存するな」 “近すぎる距離感”に懸念…中学日本一指揮官の思考
 指導者の数だけ考え方や方針がある。今年3月に開催された第53回日本少年野球春季全国大会で初優勝した愛知県の中学硬式野球チーム「東海中央ボーイズ」の…
(出典:Full-Count)

 指導者たちはそれぞれ異なる考え方や方針を持っていますが、愛知県の中学硬式野球チーム「東海中央ボーイズ」の竹脇賢二監督は特に興味深い指導方針を持っています。彼は自身の指導が絶対的なものではないと考えており、選手たちには「監督に依存するな」というメッセージを伝えているのです。
 竹脇監督の指導方針には、独自のアプローチが見受けられます。彼は「選手たちには自ら考え、自ら判断する力を養ってほしい」と語っています。彼は自身の経験から、監督が常に選手たちに答えを与えることはできないということを痛感しているのでしょう。そのため、竹脇監督は選手たちが自ら考える力を育てることに力を入れています。
 この指導方針は、他のチームや監督とは一線を画しています。多くの指導者は、監督が全てを決定することを求める傾向にありますが、竹脇監督は違います。彼は選手たちが自らの力で判断し、行動することを奨励しているのです。竹脇監督の指導方針は実践された結果、チームが大会で初優勝するなどの成果を出しています。このことは、彼の指導方針が有効であることを示しています。選手たちが自ら考え、自ら行動することで、彼らはより一層成長し、チームとしての力も向上しているのです。竹脇監督の指導方針は、選手たちにとって価値ある経験を提供しています。彼らが自ら考え、自ら行動することは、野球のみならず将来の人生においても大切なスキルとなるでしょう。竹脇監督のような指導者の存在は、若者たちにとって大きな刺激となります。彼の指導が将来の日本の野球界にどのような影響を与えるのか、楽しみですね。


(出典 www.chunichi.co.jp)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA