B-Baseball.comは、少年野球のポータルサイトです。

リーグ通算10勝目を挙げたプロ注目右腕の草加「自分の勝ちよりチームの勝ち」|大学野球

リーグ通算10勝目を挙げたプロ注目右腕の草加「自分の勝ちよりチームの勝ち」|大学野球

亜大が3本塁打で先勝 リーグ通算10勝目を挙げたプロ注目右腕の草加「自分の勝ちよりチームの勝ち」/東都
…東都大学野球秋季リーグ第3週第1日(27日、日大2-6亜大、神宮)亜大が3本塁打で先勝した。プロ注目の自己最速153キロ右腕、草加勝投手(4年、創志…
(出典:サンケイスポーツ)

東都大学野球秋季リーグ第3週第1日(27日、日大2-6亜大、神宮)亜大が3本塁打で先勝した。亜大のエースで、将来を嘱望されている草加勝投手が先発し、見事なピッチングを披露しました。今季2勝目、そしてリーグ通算10勝目を達成しました。草加勝投手は、創志学園高校出身の4年生。彼は自己最速153キロの速球を投げることができ、プロチームの注目を集めています。この試合でも、8回を5安打2失点という見事な投球で自己最速の速球を駆使して相手打者を圧倒しました。
 しかし、草加勝投手の活躍だけでなく、亜大のバッターたちも見逃せません。試合は1-2の五回無死の場面から激しく展開しました。6番打者の公文幸汰外野手が見事な左越えソロホームランを放ち、同点に追いつきました。それから六回には、主将の松浦隆己内野手が2ランホームランを放ち、亜大を勝ち越しに導きました。さらに七回には、小山翔暉捕手が3ランホームランを放ち、試合の流れを決定づける活躍を見せました。このような活躍によって、亜大は見事な勝利を手にしました。そして、草加勝投手がリーグ通算10勝目を達成したことは、彼の成長と実力を示す大きな節目です。亜大の野球部は、今後も彼らの活躍に期待が高まります。なお、試合では亜大と日大が対戦しましたが、亜大のパワフルな打線と堅守で、6対2で亜大が勝利しました。日大も一進一退の攻防を繰り広げましたが、亜大の強力な攻撃に対抗することはできませんでした。しかし、日大も持ち前の戦術を駆使して戦い、負けじと頑張った姿勢は称賛に値します。亜大の勝利は、チームの連勝を続けることにつながります。彼らは全力でプレーし続け、次の試合でも同じような活躍を期待されています。野球ファンたちは、亜大の勢いがどこまで続くのか注目しています。次回の亜大の試合も、彼らの成長と活躍を期待して応援したいと思います。


(出典 4years.asahi.com)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA