少年野球のルール

少年野球の寸法|1塁ベース・3塁ベースの置き方

ベースは線の上ではなく、線に触れるように置く。

【ルールの説明】

少年野球の場合、学校の校庭で練習するのがほとんどなので、校庭にダイヤモンドをつくります。草野球とかをやるグラウンドであれば、ベースは固定されているので、気にしなくてもいいですが、少年野球だとベースの置き方もきちんと覚えておかないといけません。一塁ベースと三塁ベースは、線に沿っておかないといけません。

©B-Baseball.com

【ワンポイントアドバイス】

正直、プレーヤーだったころは、ベースの置き方も知りませんでした。少年野球をやって初めて知ったことです。野球をやったことがあっても知らないことなので、野球未経験の方なら、もっと知らないことです。意外と知らないことです。

-少年野球のルール
-, ,

ホーム画面に追加する    OK
ツールバーへスキップ