少年野球の道具|少年野球のバットの選び方②

 最近の少年野球のバットは、どんどんよくなっています。
 「せっかく子供がやる気になってきたからいい道具を」と思うかもしれません。
 もう一度いいます。小学生のバットは性能がよくなっていていろんな種類があります。
 だから、バットの性能の違いを理解したうえで、お子さんに最適なバットを買ってあげてください。

▶▶▶ 少年野球の道具選びについてもっと詳しい情報はこちら

少年バットの長さと重さ

 まず最初は、バットの長さと重さについて、きちんと理解してしてからバットを選びましょう。
 バットの重さはルールできまっていますが、その範囲内で選べばいいと軽く考えてはいけません。中学生や高校生になってからは、ほとんどが同じような重さで自分の感覚に合った長さでバット選びができるのですが、小学生は1年生から6年生と6年間あり、子供の成長も様々です。
 小学生、特に低学年の場合、バットを買ってもらっただけでとても嬉しがります。高学年になれば、今の流行りのバットやスポーツ用品店で進められる高額のバットをみただけで欲しがります。まだ、小学生ですから。

身長とバットの長さについて

学年ごとのバットの長さ

 小学生の場合、基本的には学年ごとにバットの長さをきちんと考えてみることが必要でしょう。
 下図が基本的な学年ごとのバットの長さになります。

身長 バットの長さ 参考となる学年
110㎝~120㎝ 64㎝~68㎝ 小学校1年生・小学校2年生
120㎝~140㎝ 70㎝~76㎝ 小学校3年生・小学校4年生
140㎝~150㎝ 78㎝ 小学校5年生・小学校6年生
150㎝~ 80㎝~82㎝ 小学校5年生・小学校6年生

 ただ、これだけでお父さん・お母さんの判断は難しいですよね。少年野球の場合、学年でバットを選んでしまうと、小学生の成長に合わせたバットでないといけません。
 バットを選ぶときに小学生の基本は「腕の長さ×1.3倍」が一番いいといわれていますが、なかなか腕の長さを測ってもなかなかぴったりのバットを探すのも大変かもしれません。

▶▶▶バットの長さについては、「少年野球のバットの選び方①」を参照ください。

 小学生の場合の身長と体重によるお子さんのバットの目安を下の表にまとめてみました。以下の表を目安にバットを選んでみましょう。

この続きを読むには、会員登録が必要です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事