少年野球の練習方法一覧

少年野球、小学生時代の練習方法は、私たちの時代は根性論でやっていましたが、今の時代は様々な練習方法があります。
そして、練習方法もチームや監督・コーチによって様々な練習方法が存在していて、年々新しいトレーニング方法もでてきます。
でも、個人的には、少年野球は基本をきちんと教えてあげることが一番だと思っています。厳しい練習や難しい練習は、中学校・高校でたくさんできます。
だから、お父さん・お母さんにもわかりやすい基本的な練習方法をできるかぎりわかりやすく掲載したいと考えています。
練習方法には、様々な意見があると思います。そうした意見のある方は、ぜひ、会員の方がフォーラムで多くの意見をいただき、私のも教えてください!


ライト(右翼手)は、レフト(左翼手)とは逆に”左バッターの場合は、ライト線や一塁線を抜ける長打の打球 >>>続きを読む
サード(三塁手)は、ボールを怖がらず肩が強い。 サードを守る選手は、まずは「ボールを怖がらない」選手 >>>続きを読む
捕球の構えについて 『ゴロを捕球するときの構えは、膝を曲げ、顔は正面、左足を少し前において構える。』 >>>続きを読む
捕球の構えについて 『ゴロを捕球するときの構えは、膝を曲げ、顔は正面、左足を少し前において構える。』 >>>続きを読む
ファースト(一塁手)は少年野球にとって、とても大事なポジション。ファースト(一塁手)の守備範囲は、フ >>>続きを読む
まずは、守備位置とその名前を覚えよう! 最初は、守備位置と守備の名前をしっかり覚えるところから始めま >>>続きを読む
元巨人軍の仁志選手がYouTubeにこんな動画を公開しています。この動画のタイトル「やってはいけない >>>続きを読む
小学生のときの投げ方は、「どうやったら肘に負担がかからないか」 「投げること」は野球の基本中の基本で >>>続きを読む
「バッティング」の練習は、いろんな方法があります。でも、最初は、子供はどうやってバットを振っていいか >>>続きを読む
いろんなことを言う人がいますが、私は、まず「好きなプロ野球選手をみつけて!」と子供たちに言います。 >>>続きを読む
野球の練習方法はいろいろあります。 プロ野球や高校野球の練習方法は、必ず理論があって練習方法は考えら >>>続きを読む