少年野球の練習方法|「投げる」ということ

小学生のときの投げ方は、「どうやったら肘に負担がかからないか」


「投げること」は野球の基本中の基本です。

小学生に投げることを教えるには、上図にあることを基本に子供に教えてほしいと考えています。

1)体重を乗せる

足を上げてきちんと軸足に体重をのせる。

2)体重移動

足を上げたあとにきとんと体重を移動させる。

3)踏み出し

左足(右投げのとき)をきちんと相手に向かって踏み出す。

4)腕を振る

大きく上を”上から”振り下ろす。

5)フォロー

しっかり投げぬく。

この5つを基本に投げることを教えてほしい。


まずは、体で投げることを覚える

子供の場合、「見よう見まね」投げる動作を覚えます。昔であれば、友達同志で野球で遊んで自然と「投げる」動作を体で覚えたものですが、今の時代、「投げる」ということを、頭で覚えている子供が多くなっています。

実際に、体で覚えるのと、頭で覚えているのでは、まったく違います。

「子供が投げやすい投げ方でいい」という考え方は正しいと思います。でも、それは、実際に遊びで体で覚えた投げ方であれば・・・です。それは、遊びで、いろんな投げ方をしてみて、子供自身が「自分にあった投げ方」を見つけているからです。

数年前からは、「ボールも投げたこと」自体が少ない子供が入団してきます。だから、きちんと投げ方の基本を、お父さん・お母さんが教えてくれると、子供は自分で「いちばん投げやすい投げ方」をみつけてくれると思います。

小学生のときの投げ方は、「どうやったら肘に負担がかからないか」


「投げること」は野球の基本中の基本です。

小学生に投げることを教えるには、上図にあることを基本に子供に教えてほしいと考えています。

1)体重を乗せる

足を上げてきちんと軸足に体重をのせる。

2)体重移動

足を上げたあとにきとんと体重を移動させる。

3)踏み出し

左足(右投げのとき)をきちんと相手に向かって踏み出す。

4)腕を振る

大きく上を”上から”振り下ろす。

5)フォロー

しっかり投げぬく。

この5つを基本に投げることを教えてほしい。


【ワンポイントアドバイス】

子供の場合、「見よう見まね」投げる動作を覚えます。昔であれば、友達同志で野球で遊んで自然と「投げる」動作を体で覚えたものですが、今の時代、「投げる」ということを、頭で覚えている子供が多くなっています。

実際に、体で覚えるのと、頭で覚えているのでは、まったく違います。

「子供が投げやすい投げ方でいい」という考え方は正しいと思います。でも、それは、実際に遊びで体で覚えた投げ方であれば・・・です。それは、遊びで、いろんな投げ方をしてみて、子供自身が「自分にあった投げ方」を見つけているからです。

数年前からは、「ボールも投げたこと」自体が少ない子供が入団してきます。だから、きちんと投げ方の基本を、お父さん・お母さんが教えてくれると、子供は自分で「いちばん投げやすい投げ方」をみつけてくれると思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事