少年野球の道具|【2019年版】小学3年生から野球をはじめるときの野球道具の選び方

子供から、「野球をやりたい」といわれたときに、まず、何をそろえないといけないか、お父さん・お母さんは悩むはずです。スポーツ用品店に行っても、いろんなものがあってどれを選んでいいかわかりません。子供に聞いてみても、どの道具がいいかなんて、当然わかりません。
 せっかくはじめるのだから、長く野球をやってほしいと思います。小学3年生からはじめるとなると、グローブはもしかすると6年生まで使えることは可能だと思います。でも、本格的に野球を理解して楽しくなってくると、小学校5年生くらいで新しいグローブが欲しくなってくるので、小学5年生の夏くらいまで使うことを考えて、おすすめの道具(グローブとバット)を紹介します。
 以下の小学生の平均身長を基本に、野球を始めるときのおすすめの道具をご紹介します。

男子
平均身長
女子
平均身長
備考
小学校1年生116.5cm115.6cm▶小学校1年生からはじめるときはこちら
小学校2年生122.5cm121.5cm▶小学校2年生からはじめるときはこちら
小学校3年生128.1cm127.3cm▶小学校3年生からはじめるときはこちら
小学校4年生133.7cm133.4cm▶小学校4年生からはじめるときはこちら
小学校5年生138.8cm140.1cm▶小学校5年生からはじめるときはこちら
小学校6年生145.2cm146.8cm▶小学校6年生からはじめるときはこちら

出所:平成30年「学校保健統計調査」より

小学3年生からはじめるときの注意するポイント

 小学校3年生の初めから野球をはじめる子供についての注意点としては、実際に野球を教えている観点からいうと、実は、小学6年生で本当に野球が好きになってうまくなるために、野球を始めるには小学3年生がギリギリなのではないかと考えています。
 野球というスポーツは、昔は、近所の公園とかで子供たちが野球をやる環境があったので、野球が上手ければ少年野球チームに入ってくるということが多かったですが、今の時代は、ほとんど公園とかでは野球ができない環境になっています。テレビでもプロ野球中継もほとんど見る機会もなくなってしまっています。
 だから、野球を指導するにおいても、

  • 1年目:野球の基本動作(投げる・打つ・捕る)を習得する。
  • 2年目:野球の基本的なルールを習得する。
  • 3年目:野球の戦術的な(頭で考える)野球を習得する。
  • 4年目:野球を自分で考えて行うことで楽しくなり、自分の技術をレベルアップするようになる。 

 この4年目のような状況になって、はじめて子供は野球の楽しさと興味を持つのではないかと思います。昔は、1年目の基本動作や2年目のルールを教えるということは、ほとんどしなかったというか、ほとんどの子供は、基本動作ができて野球のルールも遊びのなかで自然と習得していたので、正しい基本動作を指導することが中心でしたが、今の時代は、まったく野球をやったことがない子供がほとんどになってきています。だから、本当に楽しくなる「自分で考えてやる野球」までいくのに、基本動作とルールを繰り返し繰り返し指導しなければいけなくなったと感じています。
 だから、小学3年生からはじめるのが、一番いいタイミングといえるのではないでしょうか。一方で、小学6年生になったときに野球が楽しくなるには、ぎりぎりのタイムスケジュールだと思っていただくことも大事です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事