少年野球のルール|ストライクゾーン

少しでもボールがストライクゾーンに触れていれば「ストライク!」


【ルールの説明】

ストライクゾーンは、横(幅)はベースを通過することが前提です。
高さについては、
下の高さはひざ頭(ひざのお皿)の下から、上の高さは、ズボンの上から肩の高さまでの半分(1/2)を上の高さとしています。


【ワンポイントアドバイス】

昔は、ストライクゾーンの高さは「胸のチーム名だ」とか教えられました。確かにほとんどあっているようにも思います。少年野球の場合、子供は高さがよくわかりません。わからないというか、気合が入りすぎて、高めにくると空振りするケースが多いようです。だから、ストライクゾーンの高さをよく覚えている子供は、バッティングも上達するように思います。

あとは・・・。低学年の場合は、試合を楽しむために、だいぶストライクゾーンを広くとる傾向にありますから、その辺は親の方もご理解をしてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事