少年野球の守備|サード(三塁手)の守備範囲と考えなければいけないこと

サード(三塁手)は、ボールを怖がらず肩が強い。

サードを守る選手は、まずは「ボールを怖がらない」選手が守るポジションです。サード(三塁手)の場合、バントやボテボテのゴロがくることが多いので、前にダッシュするスピードとともに打球を処理するために、肩が強い子がサードをやる傾向にあります。

サード(三塁手)は、キャッチャーの指示を選手に伝えることも大事な役割。

 監督やコーチの年代だと長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)や掛布雅之(阪神タイガース)、原辰徳(読売ジャイアンツ)などのプロ野球選手がいたので、サードは昔から花形のポジションと言われてきました。でも、最近はサードよりもショートなのかもしれませんが。
 サードというポジションは、ヒットを打たれても一塁までです。三塁までバッターランナーがくるまでは時間があります。いちばんバッターランナーが走ってくるのが遅いキャッチャーの次に時間があるのがサードです。
だから、サードは、キャッチャーの指示を内野から外野にきちんと伝えることも大事な仕事なのです。大きな声で、キャッチャーの指示をメンバーに伝えることができる子供に、サードをやってもらいたいです。

サードの守備範囲(ボールを処理する範囲)

 少年野球の場合、サード(三塁手)は強い打球がくるよりは、ボテボテの前のゴロが多いのではないでしょうか。だからサード(三塁手)の守備位置は、基本的にサードベースよりも前の打球を処理すると考えていいと思います。
 小学生の場合、バッターは、まだ、外角球をライト方向に流すという技術よりも外角球であっても、ホームランを打つつもりで思いっきり引っ張ってしまいます。本当にパワー(力)があって、外角球を無理やり引っ張ってもヒットになる子供もいますが、ほとんどの子供は外角球を引っ張ってしまうと、よくてもショートゴロ、ほとんどは外角球を打ち損じてしまいボテボテのサードゴロになるケースがでてきます。また、送りバントなどでも前の打球が多くなります。そうしたゴロに早く前にでるダッシュ力があり、ゴロの処理能力が求められるポジションといえます。

守っている位置よりも「うしろ」のフライは、ショートかレフトに任せよう。

 サード(三塁手)のうしろにフライが飛んだ場合は、できるだけショートかレフトに任せてしまいましょう。もともとサード(三塁手)が守っていた場所よりもうしろにフライが上がったときに、どうしてもフライをおってしまうのは仕方ないですが、基本的には、ショートかレフトに捕ってもらうようにしましょう。フライをとりたいと思ってもサード(三塁手)は、うしろのフライはほかの選手に任せて、大きな声で「ショート」とか「レフト」とか声をかけてあげて、選手がフライを安心してとれるようにサポートしましょう。

【サード(三塁手)の守備範囲】

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと①「バントは回り込んでダッシュ」

 サード(三塁手)の基本は、セーフティーバントや送りバントなどの前の打球の処理になります。
 この前のボテボテのゴロに対して、素早く前にでるために、「まっすぐ直線でボールに向かってはいけません」。
 サード(三塁手)は、前のボテボテのゴロに対してまっすぐ直線でダッシュしてしまうと、次にファーストに送球するときには、走りながら送球しなければいけなくなり、暴投の原因になります。だから、前のボテボテのゴロについては、ファーストに投げることを考えて、直線でボールを捕りにいくのではなく、「ファーストに投げることを考えて回り込んでボールに向かってダッシュ」してください。
 

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと②
「ランナー2塁、または1塁のとき」

 サード(三塁手)は、送りバントやボテボテのゴロが来た時にすばやく前進してボールを処理することを考えて守りましょう。当然、強い打球がくることもありますが、少年野球の場合、前のゴロの処理がとても重要です。

この続きを読むには、会員登録が必要です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事