少年野球の守備|ファースト(一塁手)の守備範囲と考えなければいけないこと

ファーストの基本は、「打者が打ったら一塁ベースへ」

 ファーストは、”バッターが打ったら”基本的にすべてのボールはファーストに送球されます。だから、基本的には、内野手にボールが飛んだら「一塁ベース」に入って送球を待つことが基本動作となります。

ランナーが一塁のときは、「けん制球」のために一塁ベースに。

 バッター(打者)がヒットやファーボール(四球)により、一塁ランナーとなった時には、ファースト(一塁手)は、ピッチャーからのけん制球のために、一塁ベースに入っておきます。そして、ピッチャーがバッター(打者)投げたら、素早くファーストの守備位置に戻って、打球に対して準備をします。内野ゴロなどが飛んだら、またすぐに一塁ベースで内野手の送球を一塁ベース上で待ちます。
 バッター(打者)が見逃した場合、一塁ランナーがリードが大きい場合はキャッチャーが一塁に投げてくることが考えられるので、一塁ベースに入ることを考えて入ります。

ファーストの守備範囲(ボールを処理する範囲)

 ファーストの守備範囲は、基本的には下の図の濃い黄色い部分となり、「一塁ベースのまわり」が守備範囲です。
 また、下の図の薄い黄色い部分は、ファールゾーンでは、ファールフライをキャッチャーやセカンドが捕れない範囲までを考えましょう。
 ピッチャー側のボテボテゴロなどを捕るときは、必ず「俺が捕る!」とか「オーライ!」とか大きな声をだして、ピッチャーやセカンドが一塁ベースのカバーができるように捕りましょう。大きな声を出すことはものすごく大事なことです。

【ファーストの守備範囲】

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと①「1塁ベースの入る」

 ファーストの基本は、内野ゴロがどこに飛んでも「一塁ベースに入る」ことが大事な仕事です。
 まずは、ファースト以外に打球が飛んだ時は、だい1歩目は、ファーストに入れるように動きましょう。

作成:B-Baseball.com

守備で考えておくこと②
「ファースト側のバントやボテボテのゴロ」

 ファーストは、送りバントやボテボテのゴロが来た時にすばやく前進してボールを処理することを考えて守りましょう。
 ノーアウトやランナーがいないときは、ボテボテのゴロを想定しておくことも大事ですが、1番バッターや2番バッターなどのセーフティバントがうまそうなバッターの場合は、少し前進守備をしておき、セーフティーバントをしてきたら素早くダッシュしましょう。

この続きを読むには、会員登録が必要です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事