少年野球のルール一覧

少年野球は、基本的には「プロ野球」や「高校野球」のルールと同じです。
でも、最近はプロ野球の野球中継もシーズン中であってもなかなかやっていません。高校野球も見たいけど昼間にやっているので見れないケースがほとんど。昔は、「なんとなくテレビをみていて野球のルールをいつの間にか覚えていた」、なんてことは昭和の話ですね。そうした環境の中、野球のルールを子供にもわかりやすく、そして、お父さん・お母さんもお子さんに聞かれたときに教えてあげられるようになることを考えて、野球のルールを掲載していきます。
少年野球独特のルールもあります。そして、地域独特のルールもあります。そうしたことは、ぜひ、会員の方がフォーラムで多くの意見をいただき、私にも教えてください!


ライト(右翼手)は、レフト(左翼手)とは逆に”左バッターの場合は、ライト線や一塁線を抜ける長打の打球 >>>続きを読む
センター(中堅手)は、外野手の中でも最も守備範囲が広いポジションです。そして、レフト(左翼手)とライ >>>続きを読む
レフト(左翼手)は”右バッターの場合は、レフト線や三塁線を抜ける長打の打球など左中間(レフトとセンタ >>>続きを読む
少年野球にとって、ショート(遊撃手)は花形のポジションです。だいたいチームで一番守備が上手い人がやる >>>続きを読む
ファーストは、”バッターが打ったら”基本的にすべてのボールはファーストに送球されます。だから、基本的 >>>続きを読む
野球をやるときには、各ポジションの選手すべてが1つのボールに対して、状況に応じて動くことが大切です。 >>>続きを読む
野球をやるときには、各ポジションの選手すべてが1つのボールに対して、状況に応じて動くことが大切です。 >>>続きを読む
野球をやるときには、各ポジションの選手すべてが1つのボールに対して、状況に応じて動くことが大切です。 >>>続きを読む
ストライク「3つ」で、三振。 空振りしても、空振りしなくて見逃しても、ストライクゾーンをボールが3つ >>>続きを読む
サード(三塁手)は、ボールを怖がらず肩が強い。 サードを守る選手は、まずは「ボールを怖がらない」選手 >>>続きを読む
セカンド(二塁手)の少年野球でのイメージは、あまりよくない。 少年野球の場合、多くのチームをみると、 >>>続きを読む
ファースト(一塁手)は少年野球にとって、とても大事なポジション。ファースト(一塁手)の守備範囲は、フ >>>続きを読む