少年野球のルール|フェアボールとファウルボール

1塁と3塁ベースを超えるとフェアボール・手前ならファウルボール


【ルールの説明】

フェアボールとファウルボールの違いは、
ホームペースと1塁ペース、3塁ベースを結んだそれぞれの線を
ベースの手前で、ダイヤモンドの外にボールがでたら「ファウルボール」
ベースを超えて、ダイヤモンド内にボールがあれば「フェアボール」


【ワンポイントアドバイス】
フェアボールかファウルボールかは、本当に野球の基本です。
でも、少年野球では、子供がやるのでいろんなことが起こります。だから、どんなケースがファウルボールで、こうしたときはフェアボールということを知っておくことは大事なことです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事