少年野球コラム|少年野球の『体罰』について①

少し前に少年野球の「体罰」について問題になりました。

 こうした「暴力行為」は、絶対に許されることではありません。今も、いろんなことをいろんな方面から意見がでています。

ここでは、少年野球を現役のコーチとして指導している立場で意見させていただきます。

まずは、こうした「体罰」は絶対にしてはいけません。それは、全国の指導者の方もそう思っているはずです。では、なぜ、こうしたことが起こってしまうのでしょうか?
体罰については、今の社会の仕組みから「体罰」をする時代ではないから、という単純なことではなく、以下の3つの視点から考えてみました。

1.指導者の現状から
2.今の子供の現状から
3.保護者の方の現状から

この3つの視点で、現役コーチとしての考えを記載させていただきます。

1.指導者の現状から

少年野球の指導者のほとんどは、小学生の時に野球をやっていた人が多いと思います。または、小学生のときに野球をやっていて、途中でケガなどであきらめなきゃいけなくなった人など、なんらかの形で野球にたずさわってきた人が指導者になる方が多く、自分自身が野球が好きな人なんです。最近では、子供が野球をやりたいというから「スタッフが少ないから手伝います」というコーチもいます。

①指導者の経験に基づいた指導

40代から50代の少年野球経験のある指導者においては、自分たちのときには、同学年に20人以上いたチームにいた方も多く、そのなかでレギュラーになったとか試合に出て活躍したという経験が自分自身が野球好きになった根本にあると思います。
さらに、昔は、小学生の遊びのなかでみんなよりもちょっとうまくて、ある程度野球が好きで野球ができる子供が本格的に野球をやりたいと思って少年野球チームに入り、一生懸命練習をしたものです。
でも、今の時代は、少年野球の人数も1チームやっと作れるかどうかの人数で、子供も「ボール投げ禁止」や「バットの使用禁止」の公園が多く、遊びで野球をやる場所がなく、子供が「野球をやりたい」と思っても、最初のきっかけが少年野球チームに入るとか野球教室などになっています。いわゆる「野球未経験者」なのです。そして、私たちのころは子供のスポーツといっても野球くらいしかできるものもなく(剣道とか柔道とか空手とかありましたが、すぐにやれるスポーツとして)単にサッカーもやっと出始めのころで、今でこそサッカーはワールドカップに常連のようにでていますが、サッカーはJリーグすらなかった時代です。
でも、最近は、子供のスポーツも、野球以外にサッカー、水泳、テニス、バスケットボール、バレーボール、そして、体操など、子供がやりたいと思ったら、多くのスポーツがやりやすい環境にあります。ほかのスポーツをやる環境が整ってきていることはいいことですが、指導者の方に思ってほしいのは、「昔とは違う」ということです。指導者の方も頭ではわかっていますが、どうしても「熱くなる」と「なんでできないとか」とか思ってしまい「昔とは違う」ということを忘れがちです。
そして、指導者の方には、
「自分が小学生のときは、もっと厳しかった」、「ちょっとのミスで試合を交代させられた」といったことを言います。さらには、「昔は殴られるのが当たり前だった」という人もいます。ここで、言っておきたいのですが、昔も殴ってはいけなかったのです。指導者の方には、「昔はしてもよかったことが、今はやってはいけないことになってきた」と思っているかもしれませんが、昔もしてはいけないことです。仮に、自分がそうした体罰などを小学生の時に受けてきて嫌な思いをしてきたのなら、自分が指導者になったときには、自分が嫌だったことはしてはいけないと思います。

この続きを読むには、会員登録が必要です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事