小年野球の当番|少年野球は、毎週忙しい・・・?

少年野球は毎週忙しい・・・。と考えていませんか?

少年野球は、毎週毎週忙しいんじゃないか。当番とか忙しいんじゃないか。なんてことを親なら考えますよね?当然です。
だけど、「子供がやりたい!」といっているなら、親として協力してほしい。。。というのはチームのコーチとしてのことばです。
親なら、子供のためにできることはやりたいと思っています。でも、仕事や家事でできないときもあるから、心配になるのも当然です。
だけど、
・どんなふうに少年野球が運営されているか、
・スケジュールはどうなっているか、
・試合のときにはどうしたらいいか。
ということを、実際にやっているコーチの立場と、実際に親としてきた経験から、記事にしていきます。
どんどん意見やコメントをください!
いろんなことで、親は大変ですから。。。。。

どのスポーツをしても、習い事をしても、忙しいのは一緒です。

 結論からいうと、どんなスポーツでもそうですが、習い事をしても小学校のときは、何をしても忙しくなります。

 塾やピアノなどの楽器を習っても、今も昔も、小学生であれば送り迎えとかいろいろと一人で行動させるには親としては心配だから、忙しくなります。

 スポーツについても、水泳であれば送迎もあるし、大会もあります。例えば、近くにサッカーやバスケットボール、バレーボールのチームがあればいいですが、電車でいかなければいけないようなスポーツクラブであれば、水泳と同じく送迎はつきものです。そして、どんなスポーツであっても、大会はど土日などの休みの日になります。これは、習い事の発表会でも同じです。

少年野球だけが大変なのではなく、小学校のときに、子供にいろんな経験をさせるのは、どんなスポーツでも習い事でも同じく「忙しい」のです。

「忙しいから」が、子供の可能性をつぶしていませんか?

 子供にはいろんな可能性があります。そして、小学校時代は、いろんなことに興味を持ちます。

 親は、その可能性や興味をもったことを「忙しい」からといって、やらせてあげられないというのはどうなおでしょうか?経済的に厳しいとか家庭環境などの問題があれば別ですが。

 でも、よく考えてみてください。私たち大人も「親になる」のは初めての経験です。お子さんが生まれたときに「この子をきちんと育てる」と思ったのではないでしょうか? そのときの気持ちを思い出して、「忙しい」と思うのではなく、子供を育てるうえで必要なことだと思えないでしょうでしょうか?

どうせ忙しいなら、忙しいことを楽しもう!

 小学校のときは、子供がどんなことをしても、親は忙しくなります。

 どうせ忙しいなら、その「忙しさ」を子供と一緒に楽しんでほしいと思います。

 それと、子供と一緒にいろんなことをできるのは正直、小学生時代だけです。その思い出が親にとっても一生の思い出になります。だから、小学校の数年間の「忙しさ」を、親として思いっきり楽しんでほしいと思います。

 少年野球チームを運営していると、毎年言われることがあります。特に、最終学年からチームのお手伝いに参加してくださるお父さん、お母さんから多いのですが、

「この1年間大変だったけど、子供と一緒にすごく楽しかった!」

「もっと早くからいろんなころをお手伝いしていればよかった!」

 すこし後悔している方もいます。「忙しい」からと思わず、早くから子供のために積極的にお父さん・お母さんも参加してほしいと思います。中学生や高校生になってしまったら、ほとんど一緒にできることはありません。本当に小学校時代だけしか子供と一緒にできるのは、少年野球だけじゃないかと思います。

少年野球は「忙しい」。でも、その忙しさを親も楽しんで、後悔しない小学校時代のいい思い出を作ってほしいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事